リヤハブベアリング交換

こん〇〇は、ウキガヤで御座います。
先日ディーラーに車検の見積もりをしに行ったらリヤのハブベアリングから音がしているので変えないとダメですよ
と言われてしまいまして…

工賃1万チョットをケチった訳では無いのですが、こういう部分も自分で手を加えておきたい性分なもので

重要保安部品であるブレーキ周りの分解が伴います。
経験のない方や機材の整っていない場所での作業は大変危険を伴いますのでお止め下さい。

10万キロを越えたので流石に回すとゴロゴロ、ゴトゴトと振動や音がする状態に
それでもスプラインの錆も少なく交換はスムーズに進み手間が少なくて済みました。

ハブベアリングはメーカー交換の推奨となる距離はありませんが
10万キロという節目と考えた際に状態の確認をしてみるといいかもしれません。
取扱説明書や整備手帳に記載がなされていると思いますが、経年劣化で悪くなっている事もあります。

取扱説明書に記載されている内容で10万キロなどの節目で交換した方が好ましいものを
スバル車を一例としてあげるならば
・タイミングベルト
 最近はタイミングチェーン駆動に変わってきている為、ベルト交換が不要な場合が多くなっています。
・スパークプラグ
 最近はイリジウムなどを採用している場合が多いので10万キロ交換が推奨されています。
 そうでない場合には4万キロなど少ない場合もありますので新車時に装着されているものを確認して下さい。
・燃料フィルター
 搭載箇所が燃料タンクの中なのか、エンジンルームに独立して設置されているのかが車種によって異なります。
 これも10万キロ交換が推奨されている部品になります。
・デフオイル
 意外と見落とされがちなオイルで4万キロが推奨となっております。

取扱説明書に記載されているだけでもこういった消耗品の交換が必要になります。
皆さんもお暇な時に取扱説明書を眺めてみるとこんな機能あったんだっていうものとかもあるかもしれないので
お時間のある時に見てみて下さい。

関連記事