メカニックとしてラリー北海道へ その3

こん〇〇は、ウキガヤで御座います。
ラリーの朝は早い…
サービスパークのオープンが朝5時なのでそれに合わせて移動を開始

今回サービスを行い今井選手のエボⅩはゼッケン1番なので先発組のサービス隊を陸別サービスパークへ送り出して
6時にはラリースタートです!!

我々も後発組として陸別へ移動をしないといけないので機材を一部だけ積み込みを行い陸別へ
8時半には陸別サービスパークにて2台を待ち構えます。
今回私はランエボはリヤ右セクションを担当し、BRZはフロント右セクションを担当
ここまででSS1、SS2が終了し2台とも無事陸別サービスへ向かい20分サービスを行います。

2台のサービスを終えて即時撤収準備を行い北愛国サービスパークへ戻ります。

このようにラリーカーと一般公道を一緒にランデブーっていうのも変な感じですね
そのあとのSS3~SS6が終わり北愛国サービスパークにて45分サービスを行います。

BRZはトラブル発生の知らせがあり、ランエボのみの作業となってしまいましたが45分サービスを終えてLeg2に備えます。

この辺りからバタバタと慌ただしかったので写真が撮れておりませんm(_ _)m

Leg2も前日同様に朝一のサービスに備え5時にはサービスパークへ
朝一番のサービスが15分サービスの為、残りのSSを無事完走してもらう為にもシッカリ確認を実施し
我々はサービスパークにて朝食を食べて2台が帰ってくるのを待ちます。

最終SSの前に最後の20分サービスをお昼前に行い送り出してサービステントの撤収などを開始
ここでの片付けを手早く行い、SS9を走り終えた2台スチーム洗浄機などを使い洗車して皆でお昼ごはんとなります。

今井選手・安東選手のランエボⅩはクラス優勝を果たし、再車検も無事終了して

今回のラリー北海道を終えました。

と思っていたのですが、まさか北海道を出るフェリーに乗る前にBRZのブレーキにトラブル発生で急遽ブレーキ修理を行い
なんとかフェリーに乗り込み倉庫に戻り機材車2台の荷物を降ろして今回のラリー北海道でのサービスが終了となりました。

9月7日の夜に出発し、帰宅は9月14日という濃密な1週間でした。
翌週の週末(9月19日)には本庄サーキットにてMEANEYEJACK2021が開催されたのでそれの準備がこの後続きます。

関連記事